イメージ画像

新築一戸建て住宅の内覧会同行(立会い)検査

わりとトラブルの多い戸建住宅の内覧会&引き渡し!

  1. 住宅内覧会同行検査(TOP)
  2. 新築一戸建て住宅内覧会同行(立会い)検査

当事務所(バウムプランニング一級建築士事務所)で行っている新築一戸建て住宅内覧会同行(立会い)検査

住宅内覧会

私たち(バウムプランニング一級建築士事務所)が行っている、「新築一戸建て住宅の内覧会同行検査」 の概要をご紹介したいと思います。

個人事業主の設計事務所ならではの、機動力・融通性の高さ 及びお客様の立場に立った「視点」「温かみを感じるコミュニケーション」を特徴(メリット)として 住宅の内覧会検査(住宅チェック)業務に生かしております。

「建売後建て住宅」は、明らかに「新築マンション」と比較すると、施工不良・不具合や内覧会&引き渡しに関連するチラブルなどが多いのが実情です。

それは、販売主側の企業体質(規模や特性)に起因しており、過度な利益追求の姿勢が、「無理な工期短縮」「丁寧さの欠如(急ぎ仕事)」などを生み出してしまうからなんですね。

それゆえに、新築戸建住宅(建売住宅)は、引き渡しを受ける前にしっかりと、建物完成状況(出来上がり)を見極めておく必要があるのです。

当事務所では、専門家の立場から、内覧会を通じて、「住宅の機能的な不具合・施工不良」などの見極めのお手伝いをさせていただいています。

さらに、重要視しているのが「お客様の代理人として、内覧会当日に修繕などの折衝を行う」ということです。 実際に過去内覧会同行検査をご依頼いただいた方々から「販売主・施工者との修繕折衝の助言をしてもらえたことで、大きな安心感が得られた」という、ご感想を多くいただくことが出来ました。

「自分達だけでは、なかなか見極められなかった不具合などの指摘をいただけた」というご意見と同じくらい多さです。やはり、「新築住宅の購入」は一般の方にとって、未知の要素が多く、不安に感じる要素も多いということなのでしょうね。

当一級建築士事務所(バウムプランニング一級建築士事務所)が行っている内覧会同行検査に関するお問い合わせはこちらから、お気軽にご質問・ご相談いただければと思います。

「新築一戸建て住宅の内覧会同行(立会い)検査」の概要。

当事務所で行っている「新築一戸建て住宅の内覧会同行(立会い)検査」(概要)について、特徴的な要素を 下記に箇条書きにて記載しておきますので、ご参照いただければと思います。 尚、他に分からないこと、知りたいことなどございましたらお気軽にメール 及び電話にでご質問いただければ幸いです。

1)躯体精度(床・壁・天井)の確認
・レーザー計測器を用いての躯体精度検査を行います。「基礎の施工状態・躯体の歪の有無」などを確認します。

2)住宅設備(給排水設備・空調換気設備など)の設置状況確認。
・設備機器の設置状態及び作動確認(作動可能な状態となっていた場合)を行います。 目視できる範囲となりますが、設備配管の接続状況などをチェックします。

3)住宅機能(開口部の作動状況など)の確認。
・玄関ドア、サッシュ、UB、WC、各種収納などの稼動検査及び取り付け状態確認。

4)仕上げ精度の確認(床のレベル・壁ボード仕上げ精度)
・躯体精度の確認と合わせて、レーザー計測器などを用いたレベル精度確認。(壁・床・天井の仕上げ材の歪の有無、)

5)外壁及び外構(建物の外回り)の機能的な確認。
・外壁などの損傷・不具合の有無及び外構に関する不具合・不足などを確認いたします。

6)住宅をご利用する上でのポイント説明
・住宅にも個性があります、その住宅ならではの注意ポイントやご利用上心がけておくと良い要素及び 一般的な住宅機能(キッチン・UB・換気など)に関しても、時間内で可能な限りお話させていただいています。

7)検査報告書(議事録)の作成・提出
・検査後日に『検査報告書(検査議事録)』を作成・ご提出いたします。

*原則的に「仕上げのキズ・汚れ」に関しては、お客様にてご指摘いただくこととなって おりますのでよろしくお願いいたします。 (もちろん、キズ・汚れ箇所を発見したときにはお客様にお伝えしています。)

*検査時間は規模にもよりますが、「2時間~2.5時間」の範囲がひとつの目安となっております。

新築一戸建て住宅の内覧会同行検査の対応地域&料金など。

「新築一戸建て住宅」は「新築マンション」と比較して、住宅機能的に確認する要素が多く存在しています。 基本的に目視できる範囲が対象となります。その上で「給水・排水管状況」「外構(建物の外回り)」「基礎・躯体状況」などが戸建住宅においては、調査対象となっています。

実際、機能的な不具合などが存在しやすいポイントともなっています。 それゆえに、「新築マンション」と比較して「戸建住宅の内覧会検査」は、多少時間を要することをご理解いただければ幸いです。

新築一戸建て住宅の内覧会同行検査費用は、住宅規模(床面積)及び地域 によって変動がございます。

下記に示している条件外の場合などございましたら、メール・ 電話にてご相談いただければと思います。*メールでのお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォームより、ご連絡いただければと思います。

◇主なる「内覧会検査」対応地域
・東京都 ・神奈川県 ・埼玉県 ・千葉県の一部地域(東京隣接エリア)
【費用】:下記料金に交通費などすべての費用が含まれています。
・¥59,400円(消費税込み)/100㎡未満の住宅
・¥64,800円(消費税込み)/100㎡以上~120㎡未満の住戸
*120㎡以上の場合は、要相談。(個別に料金査定いたします。)




*基本的に、日程に空きがあれば、直前でもご予約を受けることは可能です。ただ、事前の資料調査(精査)など も行ってから、調査にを行った方が、精度が高まるもの。 なるべく、早めにお問い合わせいただますと幸いです。

新築一戸建て住宅内覧会同行(立会い)検査に関するご相談&ご依頼に関して。

榑林

住宅内覧会同行(立会い)サービスは、すべて私(事務所代表:榑林宏之)が対応しております。

新築一戸建て住宅内覧会同行(立会い)検査に関するご相談&ご依頼(お申込み)は、 下記宛に電話及びE-MAILにてご連絡をいただければと思います。

また、何かご質問などもございましたら、私宛へ、お気軽にご連絡いただければ幸いです。

*会社名:バウムプランニング一級建築士事務所(BAUMPLANNING)
*事務所代表:榑林 宏之(KUREBAYASHI HIROYUKI)一級建築士240377

*電話番号:044-953-6857 *FAX:044-953-6853

住宅内覧会同行

戸建住宅(建売住宅)の内覧会時に見つかる不具合事例!

”マンション”と比較して”戸建住宅(建売住宅)”では、施工不良・不具合が存在する確率が高いものと なっています。専門的な知識&経験が無いと見極められない不具合要素も多いもの。実際に、 内覧会同行検査を行った時に、一定確率で見つかる”不具合要素(事例)”をご紹介したみたいと 思います。

セミオーダー造作家具の活用

耐震性(地震対策)上、「セミオーダー造作家具」利用が不可欠な収納とは?!

地震活動期に突入している今、多少、初期投資がかかったとしても、 家族の安全を最優先しておくべき要素があるものです。そんな ”地震対策”として有効な要素となるのが「セミオーダー造作家具」 なのです。

新築一戸建て住宅内覧会同行(立会い)検査関連の各種情報!

新築マンション内覧会との比較。建売住宅(一戸建て)内覧会における傾向及び注意点!!
建売戸建て住宅の内覧会時に実際に存在する「不具合・施工不良」要素について!!
建売戸建て住宅の”不具合”は、大きな瑕疵ほど「何故(理由)」と「どうしてほしい(対処)」 をきちんと伝えないと修繕して貰えないこともあるので注意が必要!!
建売住宅の土地が建設前にどんな状況(活用状況)であったかは最低限知っておく必要があるもの。
既存戸建住宅の簡易チェック!「地震時など住宅に気になる損傷の有無簡易チェック」

住宅内覧会同行(立会い)検査の費用

当建築士事務所で行っている「マンション&一戸建て住宅の内覧会同行(立会い)検査」 の費用に関して。。

住宅内覧会同行(立会い)検査の費用の特集はこちら!

セミオーダー造作家具の計画・特徴

新築住宅(マンション・戸建)の購入時に併せて、検討しておきたい家具計画。 「セミオーダー造作家具」に関する各種情報。

セミオーダー造作家具の計画・特徴の特集はこちら!

プチリフォーム計画コーディネイト

中古住宅の購入時など「壁クロスや床材など」の仕上げや家具計画の見直しを するだけで、生活環境が大きく様変わりするものです。

プチリフォーム計画コーディネイト業務の特集はこちら!